2003年12月17日 鎧ダム→堂山→須賀神社

天神川林道が工事中で車が入れず、湖南アルプス登山口バス停から歩いた。
体調良好で、スムーズに鎧ダムまで登れた。鎧ダムから山路に入るが、この道がズクズクで参った。
まあ、蜘蛛の巣がなく、ハチもいないので、夏よりはましだ。以前、家族で来て弁当を食べた場所には、すぐに着いた。
ここから尾根道を下り、登り直して主稜線に達するのだが、これも問題なく快調に進む。
主稜線を何度か登ったりおりたりして頂上に達する。天気が良くて気持ちがいい。
頂上で弁当を食べ、ちょっと休憩。頂上からは、北の尾根を下った。この道も、けっこう人が歩いているようだ。
少し行くと、天神川方面と羽栗の須賀神社方面への分岐に出、羽栗方面に下った。
あるような無いような道を下っていくが、道らしきものがいくつもあり、迷いやすいところだ。
だいぶ下って、そろそろ谷筋におりてもいいかなと思って、谷におりたら行けなくなり、諦めて尾根に登り返した。
尾根を少しおりると、木の陰に建物が見え始めた。そこが羽栗の集落だった。
須賀神社の前を通り、教育キャンプ場を経て、家まで歩いて帰った。この日は快調だった。
羽栗から登って頂上に行き、天神川方面に下るのも面白そうだ。

湖南アルプス登山口バス停9:45→迎不動10:14→鎧ダム10:39→堂山への分岐10:59→主稜線11:11
堂山11:29着11:47発→須賀神社への分岐11:53→羽栗12:33→須賀神社山門12:39→教育キャンプ場13:02→家13:15


家族で行ったときの昼食点からの堂山。 一度、下らなければならない。


尾根道を行く。展望良く、気分もいい。


工事中で、天神川林道に入れなかった。

迎不動まで、30分ほどかかる。

鎧ダムの広場。左膝が痛いのをのぞけば、体調は良好。

堂山への道に入る。笹の道はズクズクで参った。

だいぶ前に、家族できて昼食を食べたところ。
ここからは、堂山が目の前に見える。

堂山に向かう尾根道から琵琶湖方面が綺麗。

主稜線に入る。


このあたりからの金勝アルプス方面。
左 鶏冠山  右 天狗岩方面

堂山頂上

↑ 堂山頂上の標石
頂上にて →

頂上から、田上中学

頂上から、紅葉ガ丘団地

頂上からは、北の尾根を下った。
少し行くと、こんな道しるべがあった。
左へ行けば天神川ダム、右に行けば羽栗の須賀神社
今日は、右に行った。だいぶ下ってから道に迷った。

道かどうか、はっきりとはわからないルート。

羽栗の民家が見えたときはホッとしたよ。

須賀神社山門

田上教育キャンプ場からの堂山

山の写真のページTOPへ

fishmlホームページ  湖南アルプスの麓から
お魚情報館  うなぎ情報館

inserted by FC2 system